スポンサードリンク

2006年12月24日

リスティング広告とは

リスティング広告はPPC(ペーパークリック)、検索連動型広告などといわれます。インターネット利用者のほとんどの方は、自分がほしい情報を検索エンジンで探します。その検索結果の上位に表示させるのがリスティング広告。YahooやGoogleで検索すると一番上や右側に出ている広告です。自分が表示させたいキーワードをオークション方式で購入し、購入価格が高い順番に表示されます。YahooもGoogleも多少の違いはあるが、基本的には同じ方式を採用している。一日の限度額なども設定できるので、あまり広告費を捻出できない企業や個人の方でも簡単に行うことができます。

主なリスティング広告

日本で検索エンジン利用者が第2位のGoogleをはじめ、ライブドア、インフォシーク(楽天)、ニフティ、ビッグローブ、gooなどの検索エンジンにリスティング広告を掲載
オーバーチュア
日本第一位の検索エンジン利用者数を誇るYahooをはじめとして、大手のMSNにリスティング広告を掲載できます。

コンバージョンレートを計算しリスティング広告に投資

Webサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行なったりした人の割合でWebサイトの投資対効果を計る上で重要な指標。簡単に言うと広告費より儲けのほうが大きいのでしたら、どんどん投資するべきです。もし、広告費のほうが上回ってしまう場合は何かしら問題があるはずです。私自身、初めてリスティング広告を出した時は広告費のほうが上回ってしまいました。その時の主な理由はキーワード選びの失敗でした。よくある失敗例を下記に記載します。

  • キーワード選び
  • 商品が薄利である。
  • キャッチコピーや宣伝文
  • 誘導したWEBサイトの営業能力が低い
  • 競合が多いためクリック単価が高すぎた。

リスティング広告の関連記事


posted by ppc at 08:22 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
スポンサードリンク

リスティング広告の戦略

リスティング広告を掲載するのはインターネットの検索ユーザーが一番多いYahooのオーバーチュアか?

いえいえ、実はそうではないのです。商品やキーワードによって売上が多少の違いがあります。一般的にYhooで検索する人はネット初心者でグーグルで検索する人はネット中級者以上といわれています。私自身の経験からもそれは間違いないと思います。どちらを使うかは、商材によって戦略を変えていく必要があります。

ネット初心者の方はあまりインターネットでのお買い物は慣れていません。住所やクレジットカード番号を記載するのにかなり抵抗を持つ人も少なくない。どちらかというと無料登録型などが効果的。もちろん、Yahooのリスティング広告で高い商品が売れないというわけではありませんが、Yhooとグーグルのユーザーの違いを知っていたほうが良いでしょう。

キワードの選び方

リスティング広告を掲載するキーワードは非常に重要になってきます。ユーザーが検索エンジン探しているサイトとあなたの販売サイトやネットショップなどが一致すれば売上につながるわけですから。そこで、決め手となるがキーワードの選出です。関連性が薄いキーワードに広告を掲載してしまうと、リスティング広告はクリック課金型ですので関係ない人からクリックが集まり広告費だけがかかってしまいます。ここでは不動産屋さんだと仮定して例にしてキーワードをみてみましょう。

  • マンション
  • マンション 3LDK
  • マンション 3LDK 東京
  • 分譲 マンション 3LDK 世田谷区

いかがでしょうか。マンションだけで検索した人はどんな情報を求めているのかまったくわかりません。このようなキーワードで広告を掲載してもお客さんになりにくいのです。キーワードが絞られるほど、検索数は少なくなりますが求めている情報がわかるので無駄なクリックを避け販売につながり安くなります。今回は地名を使いましたが、これを渋谷区とか名古屋市など、どんどん掲載していく方法もあります、ライバルサイトがほとんどいなく、うまくいけばあなたしか広告を出していない可能性が大です。その場合だと1クリック10円以下で出すことができます。ニッチな5000〜1000のキーワード戦略で儲けている人もいます。

キーワードの検索数を調べるのはキーワードアドバイスツールKEY造が便利です。

リスティング広告のキャッチコピー

これは、間違っている人がかなりいらっしゃいます。他の広告母体であればとりあえずWEBサイトなどを観覧してもらいたいので、魅力的なキャッチコピーをつけてサイトに誘導すればよいのです。しかし、リスティング広告の場合は違います。クリックされれば広告費がかかるわけですから、無駄なクリックをさせないようにしなければなりません。見た瞬間にどんな販売サイトやサービスなのか分ってもらう必要があるといえます。

主なリスティング広告

日本で検索エンジン利用者が第2位のGoogleをはじめ、ライブドア、インフォシーク(楽天)、ニフティ、ビッグローブ、gooなどの検索エンジンにリスティング広告を掲載
オーバーチュア
日本第一位の検索エンジン利用者数を誇るYahooをはじめとして、大手のMSNにリスティング広告を掲載できます。

リスティング広告関連記事


posted by ppc at 10:26 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
スポンサードリンク

Yahoo オーバーチュア広告

オーバーチュア広告はYahooやMSNなどのパートナーの検索エンジンに上位に表示させるシステムで1クリックが9円からのオークション制度で、クリックが無ければお金はかかりません。なんと言っても検索数が日本でナンバーワンのYahooだけあって集客力が凄い。

広告費の設定金額はご自身で指定できるので、月額の料金を指定しておけば、広告費がなくなった時点で掲載が終了します。キーワードは簡単な審査を通過すればYahooのオーバーチュアにリスティング広告を掲載することができます。

掲載位置

下記の画像がYahooの検索結果の表示です。

yahooの検索結果
yahoo
上位4位までが上部に表示され、5位から13位までが右側、5位と6位が下段にも表示されます。13以降は次のページに表示されます。
MSN
上位3位まで上部に表示。4位から9位は右側。10位以降は次ページ
エキサイト
上位5位まで表示。6位以降は次ページ以降に表示(エキサイトの6、7位表示はレモーラリスティングというオークション形式ではないローテーション広告を採用
日経NET
上位3位まで表示。4位以降は6社づつ右側に表示
Fresheye
上位3位まで表示。4位以降は4社づつ次のページ以降に表示

オーバーチュア広告表示場所がたまにが変更になったりすることもあるので(大幅な変更はあまりないが…)最終的にはご自身で確認して下さい。

リスティング広告関連記事


posted by ppc at 12:16 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
スポンサードリンク

2006年12月25日

Google アドワーズ広告

グーグルが提供しているのがアドワーズ広告で、大手の検索エンジンにも連動して表示されます。基本的にはオーバーチュアとさほど変わらなく、この2つの広告母体で日本の検索エンジンをほぼ占めることができます。アドワーズ広告はキーワードをオーダーしてからすぐに広告掲載がスタートできます。

アドワーズ広告の提携サイト

  • Google
  • goo
  • Infoseek楽天
  • AOL
  • @nifty
  • Biglobe
  • Excite
  • Livedoor
予告無しに変更される場合があるます。

アドワーズ広告の特徴

キーワードは7円からのオークション制で決定されます。順位はクリック単価(CPC)×クリック率(CPR)での人気で順位が変動します。アドワーズでは1000回表示された時点でクリック率が0.5%未満の広告は排除されます。

オ−バーチュアは月額で予算を決めれるが、アドワーズ広告では1日あたりの予算を決めることができます。オーバーチュアでは審査が通りづらい間違えキーワードもアドワーズなら通ります。

どちらのリスティング広告を選ぶか?

どちらが良いとは商品やキーワードによって変わるので一概には言えませんが、ニッチな商品ほどアドワーズだと思います。はじめは、両方試してみるのも良いでしょう。または両方使って収益アップさせるのも1つの手です。ほとんどの大手サイトはアドワーズとオーバーチュアを併用しています。

主なリスティング広告

日本で検索エンジン利用者が第2位のGoogleをはじめ、ライブドア、インフォシーク(楽天)、ニフティ、ビッグローブ、gooなどの検索エンジンにリスティング広告を掲載
オーバーチュア
日本第一位の検索エンジン利用者数を誇るYahooをはじめとして、大手のMSNにリスティング広告を掲載できます。

リスティング広告関連記事


posted by ppc at 06:47 | Comment(1) | リスティング広告(PPC広告)
スポンサードリンク

2007年06月20日

コンテンツマッチ広告のブレイナー

コンテンツマッチ広告のブレイナーはGoogleのアドワーズ広告をウェブサイトに掲載させるアドセンスとよく似た形式です。ウェブページのコンテンツに連動した広告を表示するだけでは、閲覧者に興味ある広告を選別する材料としては不十分と弊社は考えています。

ブレイナーのインターネット広告技術では、コンテンツ連動だけでなく、Yahoo、Google、MSNなど主要検索エンジンで使われた検索キーワード情報を取得して広告の選別をしているので、閲覧者の興味をより深いレベルで特定し、検索エンジン広告並の高い広告効果が期待できるといえます。

費用

  • クリック単価は6円から
  • 1日の広告予算は入札キーワード毎に割り当てられるので、予算にあった広告が出稿が可能。

広告効果を高めるために

  • コンテンツマッチ度合いが低い場合、クリック単価は自動的に引き下げられます。
  • 不正クリックの徹底防止
  • アドワーズ広告オーバーチュアなどのPPC広告に比べて、クリック単価が安い。
  • コンバージョン測定ツールで、広告の効果測定が可能。

詳しくは、コンテンツマッチ広告のブレイナー をご覧下さい。


posted by ppc at 03:22 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
スポンサードリンク

2008年02月06日

ブレイナー広告の使い心地

コンテンツマッチ広告ブレイナーの広告主としての感想を紹介します。

まず、ブレイナーの管理画面は非常にシンプルで簡単です。1日で使い方の全てがわかるほどです。もう少し設定などを増やして欲しいくらいだ。

そして、なんといっても、アドワーズやオーバーチュアに比べてキーワードが安い!激安です。例えば、オーバーチュアで600円出さないと1位に表示されないキーワードも20円ちょっとですし・・・

ブレイナーは1クリックは6円から入札できます。それほど広告主も多くないので、マイナーなキーワードなら独占する事も多々あります。

もちろん、1日の設定額を決められますので、予算オーバーの心配は要りません。

しかし、良い事ばかりではありません。

掲載してくれるパートナーが少ないので、インプレッションが低く、当然トラフィックが少ないのが現状です。月間検索数10万回以上のキーワードをブレイナーにだしても、1日にクリック数が5回程度の事が普通です。(キーワードによって違いはあるかと思いますが)

ブレイナーは多くのクリック数はあまり望めませんが、広告費が安いので、使ったほうがお得です。コンテンツマッチ広告ブレイナーはこちらから


posted by ppc at 04:57 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。