スポンサードリンク

2007年12月25日

ドコモ、米グーグルが検索、広告などで提携交渉

NTTドコモが米Googleと包括的に提携するべく交渉していることが12月25日、わかった。

ドコモは現在、自社開発した検索エンジンを利用しているが、この検索エンジンの検索範囲は公式サイトと呼ばれるドコモ公認のサイトのみで、一般サイトと呼ばれる非公認サイトは他社の検索サービスに誘導する形を取っている。

そのため、一般サイトを探す時はYahooモバイルなどの検索エンジンを利用していた人は多いはずだ。それが、Googleと提携することによりヤフーモバイルの利用者が激減するだろう。

Googleは2006年5月に、ドコモのライバルであるAUと提携。サイト検索にGoogleのエンジンを提供しているほか、検索連動型広告も手がけている。WEB検索ではヤフーがトップだが、モバイルはGoogleが圧倒的に強くなった。

参照記事

ドコモ、米グーグルと包括的提携交渉--検索、広告などで
タグ:ニュース
posted by ppc at 19:49 | Comment(0) | インターネット広告関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。