スポンサードリンク

2006年12月24日

リスティング広告とは

リスティング広告はPPC(ペーパークリック)、検索連動型広告などといわれます。インターネット利用者のほとんどの方は、自分がほしい情報を検索エンジンで探します。その検索結果の上位に表示させるのがリスティング広告。YahooやGoogleで検索すると一番上や右側に出ている広告です。自分が表示させたいキーワードをオークション方式で購入し、購入価格が高い順番に表示されます。YahooもGoogleも多少の違いはあるが、基本的には同じ方式を採用している。一日の限度額なども設定できるので、あまり広告費を捻出できない企業や個人の方でも簡単に行うことができます。

主なリスティング広告

日本で検索エンジン利用者が第2位のGoogleをはじめ、ライブドア、インフォシーク(楽天)、ニフティ、ビッグローブ、gooなどの検索エンジンにリスティング広告を掲載
オーバーチュア
日本第一位の検索エンジン利用者数を誇るYahooをはじめとして、大手のMSNにリスティング広告を掲載できます。

コンバージョンレートを計算しリスティング広告に投資

Webサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行なったりした人の割合でWebサイトの投資対効果を計る上で重要な指標。簡単に言うと広告費より儲けのほうが大きいのでしたら、どんどん投資するべきです。もし、広告費のほうが上回ってしまう場合は何かしら問題があるはずです。私自身、初めてリスティング広告を出した時は広告費のほうが上回ってしまいました。その時の主な理由はキーワード選びの失敗でした。よくある失敗例を下記に記載します。

  • キーワード選び
  • 商品が薄利である。
  • キャッチコピーや宣伝文
  • 誘導したWEBサイトの営業能力が低い
  • 競合が多いためクリック単価が高すぎた。

リスティング広告の関連記事


posted by ppc at 08:22 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。