スポンサードリンク

2008年07月10日

YouTubeがプリロール、ポストロール広告を配信か

Googleは2006年10月に約16億ドルでYouTubeを買収して以来、広告モデルの確立に努めてきたが、それでもSchmidt氏は、苦しい状況を繰り返し明らかにしている。

YouTubeはこれまでに、プリロール広告(動画が始まる前に入る広告)やポストロール広告(終了後に流れる広告)を掲載しないという方針だったが、撤回する動きがあるようだ。

このプリロールやポストロール広告はユーザーが嫌がるといわれており、プリロール広告を見た多くの人が動画を切ってしまうという記事も目にしたことがあります。

本当だろうか??

私はpandoraという韓国の動画サイトでは、プリ/ポストロール広告が掲載されていますが、個人的には不快に思ったことはない。もちろん広告が無いに越したことはないのだが、無料で利用させてもらっているのでしょうがないと思っています。5秒〜15秒程度なら問題ないのでは?

Yahoo動画では、ミッドロール広告(途中で流れる広告)が一分程度の広告が何度も入るので、イライラしてしまうのは私だけだろうか。

CNETよりYouTube、プリロールおよびポストロール広告の配信開始か


posted by ppc at 09:59 | Comment(0) | インターネット広告関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。