スポンサードリンク

2008年07月10日

YouTubeがプリロール、ポストロール広告を配信か

Googleは2006年10月に約16億ドルでYouTubeを買収して以来、広告モデルの確立に努めてきたが、それでもSchmidt氏は、苦しい状況を繰り返し明らかにしている。

YouTubeはこれまでに、プリロール広告(動画が始まる前に入る広告)やポストロール広告(終了後に流れる広告)を掲載しないという方針だったが、撤回する動きがあるようだ。

このプリロールやポストロール広告はユーザーが嫌がるといわれており、プリロール広告を見た多くの人が動画を切ってしまうという記事も目にしたことがあります。

本当だろうか??

私はpandoraという韓国の動画サイトでは、プリ/ポストロール広告が掲載されていますが、個人的には不快に思ったことはない。もちろん広告が無いに越したことはないのだが、無料で利用させてもらっているのでしょうがないと思っています。5秒〜15秒程度なら問題ないのでは?

Yahoo動画では、ミッドロール広告(途中で流れる広告)が一分程度の広告が何度も入るので、イライラしてしまうのは私だけだろうか。

CNETよりYouTube、プリロールおよびポストロール広告の配信開始か


posted by ppc at 09:59 | Comment(0) | インターネット広告関連ニュース
スポンサードリンク

2008年02月06日

ブレイナー広告の使い心地

コンテンツマッチ広告ブレイナーの広告主としての感想を紹介します。

まず、ブレイナーの管理画面は非常にシンプルで簡単です。1日で使い方の全てがわかるほどです。もう少し設定などを増やして欲しいくらいだ。

そして、なんといっても、アドワーズやオーバーチュアに比べてキーワードが安い!激安です。例えば、オーバーチュアで600円出さないと1位に表示されないキーワードも20円ちょっとですし・・・

ブレイナーは1クリックは6円から入札できます。それほど広告主も多くないので、マイナーなキーワードなら独占する事も多々あります。

もちろん、1日の設定額を決められますので、予算オーバーの心配は要りません。

しかし、良い事ばかりではありません。

掲載してくれるパートナーが少ないので、インプレッションが低く、当然トラフィックが少ないのが現状です。月間検索数10万回以上のキーワードをブレイナーにだしても、1日にクリック数が5回程度の事が普通です。(キーワードによって違いはあるかと思いますが)

ブレイナーは多くのクリック数はあまり望めませんが、広告費が安いので、使ったほうがお得です。コンテンツマッチ広告ブレイナーはこちらから


posted by ppc at 04:57 | Comment(0) | リスティング広告(PPC広告)
スポンサードリンク

2007年12月25日

ドコモ、米グーグルが検索、広告などで提携交渉

NTTドコモが米Googleと包括的に提携するべく交渉していることが12月25日、わかった。

ドコモは現在、自社開発した検索エンジンを利用しているが、この検索エンジンの検索範囲は公式サイトと呼ばれるドコモ公認のサイトのみで、一般サイトと呼ばれる非公認サイトは他社の検索サービスに誘導する形を取っている。

そのため、一般サイトを探す時はYahooモバイルなどの検索エンジンを利用していた人は多いはずだ。それが、Googleと提携することによりヤフーモバイルの利用者が激減するだろう。

Googleは2006年5月に、ドコモのライバルであるAUと提携。サイト検索にGoogleのエンジンを提供しているほか、検索連動型広告も手がけている。WEB検索ではヤフーがトップだが、モバイルはGoogleが圧倒的に強くなった。

参照記事

ドコモ、米グーグルと包括的提携交渉--検索、広告などで
タグ:ニュース

posted by ppc at 19:49 | Comment(0) | インターネット広告関連ニュース
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。